さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2006年04月24日

グラシン紙、その後

papers.gif

以前、本のカバーを探している、というエントリーをたてたところ、いろいろ教えていただき、無事グラシン紙を見つけることができました。なんと、地元の文房具店にちゃんとありました。ものの名前が分からない、というのは恐ろしいですね。

お礼をすっかり忘れていたので。
あらためて、おさかなさん、ありがとうございます。
ちゃんとその後、地元の文房具屋さんでみつけることができました。
去年の10月のエントリー
探し物中:本のカバー用の紙(ビブリオマニアじゃないんだけど)

で、最近よくめくっている本に。

最近のビジネス書には、「(どうせわすれるんだから)できるだけたくさん素早く読んで情報をどんどん貯めて、どんどん捨てる」という考え方があります。

わたしは情報には2種類あると思ったりしています。

ビジネス書の中には30分で読めてしまう文もありますし、その手の本の中に書かれていることの情報は、その考え方の通り、忘れてもいいような。なんとなく情報に対する注意喚起/再活性のための本、というような。それこそ、その手の本は30分後には転売または廃棄。

それとは別に、何度も思い出したいものもあったりします。そういうのは、一見役には立たないんですが、そばにいてもらいたいし。うまくいえないんですが、作業をする時や考え事をするのに役に立つような。
何となく、なんですけどね。たとえば10年前に食べたおいしいご飯の思い出-ワサビの利いたトマトソースの味とか…いや、ちょっとちがうか…(悩)

とにかく、そんな大事な本にカバーをかけておこうと。

でも、大事といっても、それほど大事にしているわけではなくて。

昔、ほとんどの蔵書に(また、蔵書内容がとても良かったんだな)にカバーをかけて、ページをめくるときは5cmくらいそっとあけてその隙間からのぞくという、とても繊細な方がいたんですが、わたしは彼に比べるととても大雑把です。思い切り開いちまってその方をがっかりさせたんですが、あれは彼に申し訳ないことをしました。今でも「人をがっかりさせた思い出・ワースト100(人をがっかりさせる名人だったからいろいろある)」に入っています。

今でも大雑把です。でもさすがに、本当に大事で誰にも見せたくないたぐいのもの-詩集などは、たしかに半開きの状態で読むようになっていたりします。吉増剛造の詩集とか(サイン入りだし)。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(雑記/妙なお道具)の記事画像
きゃりぶれーしょん
古い糸巻きをなんとかしてみる。オイル塗ってみたよ
そろばんやで
昔懐かし裁縫箱
古い本研究
同じカテゴリー(雑記/妙なお道具)の記事
 きゃりぶれーしょん (2014-10-18 20:00)
 古い糸巻きをなんとかしてみる。オイル塗ってみたよ (2012-08-10 20:00)
 そろばんやで (2010-05-13 20:00)
 昔懐かし裁縫箱 (2008-03-21 20:32)
 古い本研究 (2008-02-24 10:00)
 ボンド巻いてみる (2006-07-11 20:33)
この記事へのコメント
ぷえっくしょい(←くしゃみの音)

おお、グラシン紙、ありましたか。きっと立派な文房具屋さんなのでしょうね。
お役に立ってよかったです(^^)

だいじにしたい本ってありますよね。
こころをこめて作られたお人形たちのような。
そういうふうに扱ってくださるかたに出合えた本も、幸せだなって思います。
(やっぱり、自分ちの本の視線が痛い気が‥‥‥)
Posted by ゲスト at 2006年04月25日 20:59
ありました、ありがとうございます。

うちの本は格付けされて待遇が違うので、格差社会が既に進行しています。
Posted by Yah at 2006年04月25日 21:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
グラシン紙、その後
    コメント(2)