さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2004年07月22日

ホームスパン講習その9:完成

done.gif

やっと完成にこぎ着けました。ありがとうございます。
乾かした後アイロンをあてると、ふんわり。あれだけ踏まれたのに、なぜかふんわり。ふしぎー。
たかが120cm×23cmのマフラーなんですが、作るのにこんだけの工程があるとはねー。なるほどー。

あと、見た目はなんとかイケテいる(のかな?)ように仕上がりましたが、実は触るとコリコリとした固い所がところどころあり、更に縮緬のようにゴワゴワと歪んでいる所があります。

今回、洗った後の毛をほぐしてカードをかけて、糸を紡ぐ所から始まりましたが、一番肝心なのは、最初の毛をほぐす作業だということがわかりました。最初を怠けていい加減にしてしまうと、最後までその荒さが足を引っ張る。

カードをかけても、ほぐれていない毛のつぶつぶが残るし、それは糸にする時にはひっかかって縒りや太さが均一な糸にはならない。均一な糸にならないと、経糸(たていと)を張る時にも切れやすかったり、緯糸(よこいと)を織り込む時にもぶつぶつとした荒さとなってくる。洗うと縒りの不均一な所がすなわち布の歪みとなる。うーむ。

手抜きはあくまで間抜けな手抜き。
「手作りの味わい≠手抜き」ということで。
似ているようで、違うらしいです。

今まで羊毛ほぐしは何となくやってしまいがちな作業だったんですが、これで「最初が肝心」という言葉の意味がつくづくわかりました。

やー、勉強になりました。
それに楽しかった!

なかなか飲み込みの悪いわたしに何度も噛んで含めるように説明して下さったアトリエローズマリーの福田さん、そして初心者にはもったいないような立派な織り機を貸して下さったスピナーズファームさん、ありがとうございました。

あとね。

このブログを毎日のように見て下さったみなさん、ありがとうございます。おかげでこんなマフラーが出来ました。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(羊毛作業/織り)の記事画像
カード織のギターストラップ
マフラー2本目
マフラー。
サンプルを、織る
こどものおもちゃで
同じカテゴリー(羊毛作業/織り)の記事
 カード織のギターストラップ (2014-10-02 20:00)
 マフラー2本目 (2014-02-14 20:00)
 マフラー。 (2014-02-03 20:00)
 サンプルを、織る (2014-01-05 20:00)
 こどものおもちゃで (2011-02-03 19:05)
 ちっこいんだけど、絨毯 (2006-06-21 18:26)
この記事へのコメント
「すごい!」の一言です。宝物がどんどん増えますね(^^)
Posted by みほ at 2004年07月22日 21:41
手編みのセーターやマフラーを作る方はよくいらっしゃいますが
Yahさんの場合は手作りのスケールが違いますね。
想像するだけで気の遠くなるような作業かも。
「Yahブランド」として販売できるのでは?
あ、これだけ手間ひまかけると手放したくないでしょうかね。
Posted by hide@dc2 at 2004年07月22日 22:10
のちのち、苦労する ということですね。
しかし、いい柄に出来上がりましたね。渋いっす。
今年の冬は楽しみでしょう?
Posted by manbow at 2004年07月23日 00:23
いやあ、すごい工程でしたね。
一人でここまでできるのですね。
今の時代、何でも買えますから、作る愉しみ難しさは理解できません。
うらやましいなあと思いながら見ていました。完成できて良かったですね。
お疲れ様でした。
Posted by Kiyo at 2004年07月23日 06:20
完成、おめでとうございます。
かっこいいです、すばらしい!
何事も最初が肝心なのですねぇ。

ところで、ウールの着物もあるそうですが、いつか着物にも
チャレンジされませんか?とっても大変そうですが、私は
見ているだけなので(笑)
こんな柄の着物があったら、渋いと思うのですよね。
Posted by ゲスト at 2004年07月23日 07:33
いろいろとどんどん増えます。忘れることもどんどん増えるんですが、忘れないうちにとりあえず書いとけ、と。

まじめに遊ぶとこんな物が出来ます。
時間はかかるんですが、あーなるほどなー、じゃこーしよー、と考えたりする、そんな過程も楽しめるし。
手芸キットでお手軽にちょっと首を突っ込んだくらいじゃ本当の部分がまだまだ楽しめていないんだなぁ、とも感じました。

とりあえず、出来上がった時の満足は冬待ちですね。えへへへ。

着物に至るまでには更なる修行が必要かも。

織物をやっている人は探せばたくさんいるんですよー。何度か個展のご案内を頂いたこともあります。
ここで白状すると、今までは個展を見に行っても「…なんか、へんな布があちこちにかかってらー」でおしまいでした(ごめんよ)。
これで、見方が少し変わるかもしれません。

今回、わたしの他に生徒さんがいました。おかげで織っている間もおしゃべりで楽しく過ごせました(ありがとう)。
Posted by Yah at 2004年07月23日 19:38
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
ホームスパン講習その9:完成
    コメント(6)